横浜市瀬谷区・旭区・泉区のリフォーム・増築・改築なら神奈川建築職人会

お問合せ
職人ページ概要画像

神奈川建築職人会の職人は皆、職人会スタッフが信頼できる人ばかり。

木のように硬く真っ直ぐで、時には柔らかくほっとさせてくれる自慢の職人です。

現場で見かけたらいつでも気軽に声をかけてみてください。

案外、お話好きでもあるんです。

大工 大沢勝太郎

大工 大沢勝太郎

川崎出身、大工歴47年、お客様のことを一番に想う職人会の大棟梁です。

大工仕事をしていたお兄さんに憧れてこの世界に飛び込んだそうです。

そうは言っても修行時代は相当厳しかったとか。

今は大ベテランですが、当時は良く怒鳴られていたそうです。

そんな大澤棟梁もお孫さんが誕生したことで、またひとつ夢が広がりました。

「子供たちはどんな家に住みたいかな?と考えるようになりました。

大人だけでなく子供さんにも喜んでもらえるような、そんな仕事をしていきたいですね」と語ります。

自分にも仕事にも人一倍厳しい棟梁ですが、子供の前では目じりが下がります。

大工 山下勝次

大工 山下勝次

横浜出身、大工歴45年、頼りがいある職人会の兄貴分です。

中学を卒業してなんとなく入った大工の道、だそうですが、以前に工事させて頂いたお客様から「今回も山下さんでお願いね!」とご指名して頂く評判の大工です。

実は頭脳派の一面もあり、分厚い施工マニュアルも1ページずつ丁寧に読み込んで、得た知識を施工へ忠実に活かしています。

現場監督も負けてられないですよ。

「お客さんにありがとうって言ってもらえた時が一番嬉しいですね」と話します。

大工 高大雄

大工 高大雄

韓国釜山出身、お客様からの信頼厚い職人会の韓流大工です。

7人兄弟の1番上のお兄さんが大工で、小さい頃から手伝ってアルバイトをしていたことが、大工になったきっかけだとか。

なんと言っても韓国は徴兵制があり、3年間も兵隊にいってたそうです。それはそれは半端ではない訓練の数々、今の日本人だったらどうでしょう?

日本に来て11年目、そんなハードな体験を乗り越えて、日本人の奥さんとかわいいお子さん二人に恵まれ、いつも幸せそうな笑顔をしています。

左官 佐藤信也

左官 佐藤信也

昭和44年生まれ、左官業22年、とにかくまじめで丁寧で、いい仕事をする職人です。

自称左官バカ、と言うだけあって、左官にはこだわりを持っています。

芯が強く、やり方が堅い佐藤左官。京壁が上手いです。

職人会ボウリング部に所属、週に1度集まってボウリングの腕も磨いています。

塗装 川村潤

塗装 川村潤

平塚市出身、塗装職人歴22年、家族は奥さんと子供2人、男と女の子まだ5才と3才なので、かわいい盛りです。

塗装職人になったきっかけは友達に誘われてですが、職人ってカッコイイな~とも思ってました。

高圧洗浄はびしょ濡れになることもあるので大変ですが、「キレイになって行くね~」とかお客さんに言われると嬉しくなります。

あまり趣味もありませんが、帰宅後の晩酌が楽しみですね。